TAテーマ001 トップページ、ヘッダー、サイドバー、フッターに自由を!

TAテーマ001 トップページ、ヘッダー、サイドバー、フッターに自由を!

テーマ001情報
TAテーマ001 トップページ、ヘッダー、サイドバー、フッターに自由を!

 

WordPressはホームページ制作CMSとして定着しています。

そして、WordPressは制作会社要らずの変幻自在(?)ツールとしても周知されて来ています。

あながち間違いでも無いのですが、少しでもWordPressを触ったことのある人ならば意外と自由にできる箇所が少ないことをご存知だと思います。

WordPressの一番の売りはブラウザから編集ツールを使って固定ページや投稿記事(ブログなど)を更新、修正、削除ができることです。画期的なことです。

しかし、ホームページの構成を考えると、WordPressの編集ツールの編集範囲は意外と限定的です。

wp_freedom1

上図をご覧ください。一般的なホームページの構成です。ヘッダー、メインコンテンツ、サイドバー、フッターです。

WordPressの編集ツール(固定ページや投稿記事の編集画面のことです)で変更できる範囲は固定ページや投稿記事のメインコンテンツの部分だけです。

他の箇所は各テーマが様々なアプローチで表示を行っています。

各テーマオリジナルの固定表示エリアを設定して画像とテキストを表示させたり、WordPress標準機能のウィジェットと呼ばれるエリアを設定して表示させたり・・・

様々ですが、何かしらテーマによって制限されています。

これはフラストレーションが溜まりませんか?

TAテーマ001の開発構想は『トップページ、ヘッダー、サイドバー、フッターをWordPressの編集ツールと同じように自由に表現できるように』を方針として掲げました。

そうです。各フレーム(ヘッダー、サイドバーやサブサイドバー、フッター、トップページのメインコンテンツエリア)にフリーエリアと称する編集可能エリアを設置したのです。

下図はトップページのフリーエリアとサイドバーのフリーエリアの様子です。

wp_freedom2

もちろん、操作はWordPressの編集ツール(固定ページや投稿記事の編集画面)とまったく同じです。コンテンツの量に制限はありません。書けば書いただけ表示できます。

wp_freedom1

上図がフリーエリアの編集画面です。下部にフリーエリア特有の機能欄(リンク付き画像挿入や境界線設定など)がありますが、上部の編集欄は固定ページや投稿記事の編集画面とまったく同じです。

詳しくは『TAテーマ001』の取扱い説明(基本操作)フリーエリア使用方法(ここ)をご覧ください。

TAテーマ001はトップページ、ヘッダー、サイドバー、フッターに自由を与えました。後は、あなたの感性で充実したコンテンツをデザインしていただけたらと思います。

 

お役に立てたら幸いです。

«
»
  • LINEで送る


ta_thm001_downloadta_designing