TAテーマ001 フリーエリアはウィジェットかカスタム投稿か?

TAテーマ001 フリーエリアはウィジェットかカスタム投稿か?

テーマ001情報
TAテーマ001 フリーエリアはウィジェットかカスタム投稿か?

 

フリーエリアと称してトップページ、サイドバー、フッターなどに自由にコンテンツを記入できる機能が自由度の高いWordPressのテーマにはあります。

実はWordPressには標準でフリーエリアを実現できる機能があります。

ウィジェット(Widget)です。

テーマ内の必要な箇所にPHPでウィジェット表示関数を記載すればいくつでもウィジェットエリアが出来ます。

TAテーマ001の開発構想の時にフリーエリアとしてこのウィジェット機能を使うことにしました。

そして、初期のバージョンのフリーエリアはウィジェットでした。

しかし、お客様の様々な要求フィードバックを受ける中でウィジェットのフリーエリアは少し使いにくいことが分かって来ました。

先ず、編集画面の使い勝手の問題です。

WordPress初心者は一生懸命に固定ページや投稿記事の編集画面(特にビジュアルエディター)の使い方をマスターします。かなり癖のあるエディターですがHTML・CSS入力よりは人間的(?)なのでみなさん頑張って覚えます。

しかし、ウィジェットの例えば「テキストウィジェット」だとビジュアルエディターが使用できません。簡単な装飾ですらHTMLやCSSを使用しなければなりません。

freearea_tool1

これは大きな問題でした。

ウィジェットでビジュアルエディターが使用できるプラグインもありますが、皆さんがおっしゃるには、ビジュアルエディターはもちろんのこと、固定ページや投稿記事の様な一覧表示も含めて同じ使い勝手が良いとのことでした。

固定ページや投稿記事は一覧表示も含めてほぼ同様の使い方ができるのに、ウィジェットを使ったフリーエリアの特別な使い方は面倒・・・

次に大きな問題は、コンテンツ単位で表示するページを選択したりレスポンシブWebデザイン(モバイル)時の表示をオンオフしたりする細かい設定ができないことでした。(プラグインを使用すればコンテンツ単位での表示ページ選択は可能になります)

更に、ウィジェットは様々なプラグインのパーツが混在するのでデザインの統一感が無いというのもフィードバックの数が多かったです。

大不評でしたので大改修を行いまして、フリーエリアとしてウィジェットからカスタム投稿という現在のスタイルに変更しました。

現在のみなさんは昔からそうであるかのようにフリーエリアを自由に使いこなしています。

細かい改善点は随時いただいているので、ある程度数がまとまりましたらバージョンアップ時に反映させたいと思います。

現在のTAテーマ001のフリーエリアについては『ワードプレステーマ トップページ、ヘッダー、サイドバー、フッターに自由を!』をご覧ください。

 

お役に立てたら幸いです。

«
»
  • LINEで送る


ta_thm001_downloadta_designing