TAテーマ001 テーマ設定に自由を!

TAテーマ001 テーマ設定に自由を!

テーマ001情報
TAテーマ001 テーマ設定に自由を!

 

WordPressの出現でホームページの制作が容易になりました。

しかし、便利になれば様々な不満が見えて来るものです。

 

『週末に少しずつ修正したいけど完成するまでは現状のデザインのままにしておきたい・・・』

『季節や曜日などによってデザインを切り替えたい・・・』

『グループ内でホームページのデザインの共有や交換をしたい・・・』

 

上記のことは、みなさんが普通にやりたいことだと思いますが、意外と出来ないことです。

サーバー環境やスキルが充実している人ならば複数のサイトを構築したり、データーベースの内容を移植したりできますが、十分な勉強と大きな手間がかかります。

 

さて、どうしたものか・・・

 

ご安心ください。これらの要求はTAテーマ001の『設定ソースファイル機能』を用いると簡単に解決できます。

以下に実例を使って説明します。

少しずつ修正したいけど完成するまでは現状のデザインのままにしておきたい・・・

files1
files2


files3

先ず、現在のデザインをオリジナルとしてファイル化しておきます。(上図)

そして、左図の様にメンテナンスモードにします。(作業中のサイトを観た人がびっくりしないようにです)

これで心置きなく作業ができます。



files4
files5

今日は時間が無くて、ヘッダーバナーエリアを少し修正しただけでした。(背景色の変更、ロゴ画像からテキストへの変更、連絡先テキストの色変更、検索コンテンツを上にシフト・・・)

現在の修正内容をファイル化(ここでは”shusei”と名付けました)します。(上右図)

今日の作業はここまでにして、サイトをオリジナルデザインに戻して表示させます。

files6
files7

オリジナルファイルを選択して設定を戻しますと元のサイトデザインが表示されます。(メンテナンスモードをオフにしないと一般の方は閲覧できないのでお忘れなく)

また次週末に修正を行う場合は修正中ファイル”shusei”を設定して修正中のデザインに戻して作業を継続します。

これの繰り返しで修正の完成までオリジナルデザインを崩さずに作業ができます。

もちろん、修正作業中はメンテナンスモードにしますからサイトはアクセスができなくなります。

しかし、別サイトを別に作ったりデータベースの内容をコピーしたりする手間や難易度に比べると遥かにメリットがあります。

季節や曜日などによってデザインを切り替えたい・・・

既に制作済みのデザインを切り替えたい場合があります。

例えば春先は桜色ベースにしたり、クリスマスはデザインを変更したり。

TAテーマ001はこのような要求にも対応できます。

files8
files9

例えば上図の様に普段はデザインAを使用しているとします。

files10
files11

そして、春先だけはピンクを基調にした特別デザインに変更が可能です。

上図の例は色の基調を変化させましたが、フレーム構成などを大きく変更することも可能です。

WordPressの基本データ(テーマによらず不変のデータ:固定ページ記述、投稿記事記述、カスタム投稿記述、ヘッダー画像など)以外はTAテーマ001設定ソースファイルに記録されますから、工夫次第で面白い切り替えができます。

ホームページのデザインの共有や交換をしたい・・・

files12

「会社内でデザインを統一したい」、「友人にデザインを譲りたい」などホームページのデザインの共有・交換はごく普通に必要だと思います。

このような場合にみなさんはどの様にしますでしょうか?

WordPressのデータベースコピーの共有でしょうか。

あまり一般的ではありませんね。

TAテーマ001の『設定ソースファイル機能』にはエクスポート、インポートの機能が準備されています。

エクスポートは設定ソースファイル(設定データ、画像)を圧縮ファイルにして出力しますからメールに添付したりして送ることが可能です。

また、設定ソースファイルには作成時刻、作成者情報、備考が記録されますからファイル管理も容易です。

 

いくつかの実例を挙げてTAテーマ001の『設定ソースファイル機能』の説明を行いましたが、他にも様々な便利な使い方があると思います。

是非、工夫してお使いいただければと思います。

 

お役に立てれば幸いです。

«
»
  • LINEで送る


ta_thm001_downloadta_designing