TAテーマ001取扱い説明(トップページ設定)

TAテーマ001取扱い説明(トップページ設定)

『TAテーマ001』のトップページ設定の説明です。

 

フレームタイプ

フレームタイプ

top_frame1

トップページ個別のフレームタイプ設定です。プルダウン表示からフレーム構造を選んで”トップページ『フレームタイプ』設定更新”をクリックすると選択が確定します。

トップページの閲覧制限設定

top_frame2
top_frame3

ログイン後の権限グループによってトップページの閲覧を制限する設定です。簡易会員制サイトの構築が可能です。項目を入力して”トップページ『フレームタイプ』設定更新”をクリックすると設定が確定します。

① トップページの閲覧制限設定:ここにチェックを入れるとトップページの閲覧制限設定が可能になります。

② 閲覧対象者:閲覧を許可する権限グループを選択します。

③ リダイレクトURL:アクセスを制限された閲覧者がアクセスした場合にリダイレクト(移動)させるURLを指定します。

④ 制限時の表示文:リダイレクトURLが無効「no_link」の場合には、アクセスを制限された閲覧者がアクセスした際にページに留まって設定の表示を行います。

説明エリア

トップページ説明エリア(カスタム投稿タイプ:TA説明エリア)

top_exparea1

トップページ説明エリアの設定です。項目を入力して”トップページ『説明エリア』設定更新”をクリックすると設定が確定します。

① トップページ説明エリア:ここにチェックを入れるとトップページ説明エリアが有効になります。

トップページ説明エリアの詳細設定は以下のリンク先をご覧ください。

詳細設定 → フリーエリア設定

また、フリーエリア(説明エリア)の使用方法は以下のリンク先をご覧ください。

フリーエリア(説明エリア)の使用方法 → フリーエリア使用方法

トップキャッチ

トップキャッチエリア

top_catch1
top_catch1-1


top_catch3
top_catch2

トップキャッチエリアの設定です。トップキャッチ項目は#1を例に説明します。項目を入力して”トップページ『トップキャッチ』設定更新”をクリックすると設定が確定します。

① コンテンツ先頭余白(マージン)

② トップキャッチの個数 ※ 4個以上使用するためにはプラグイン『ハイエンド』が必要です。

③ トップキャッチ枠のタイトル、④ トップキャッチ枠のタイトル要素名

⑤ トップキャッチ枠タイトル名、⑥ トップキャッチ個別のタイトル要素名

⑦ トップキャッチ間の余白

⑧ トップキャッチ#1タイトル、⑨ トップキャッチ#1タイトル名

⑩ トップキャッチ#1画像

⑪ トップキャッチ#1テキスト

⑫ トップキャッチ#1のリンク

フリーエリア

トップページフリーエリア(カスタム投稿タイプ:TAトップFA)

top_freearea1

トップページフリーエリアの設定です。項目を入力して”トップページ『フリーエリア』設定更新”をクリックすると設定が確定します。

① トップページフリーエリア:ここにチェックを入れるとトップページフリーエリアが有効になります。

トップページフリーエリアの詳細設定は以下のリンク先をご覧ください。

詳細設定 → フリーエリア設定

また、フリーエリアの使用方法は以下のリンク先をご覧ください。

フリーエリアの使用方法 → フリーエリア使用方法

※ コンテンツ数は無制限です。(無料版は最大2件の制限があります)

最新投稿ダイジェスト

最新投稿ダイジェスト(全ての投稿が対象)

top_latest1
top_latest2

最新投稿ダイジェスト(全ての投稿が対象)の設定です。項目を入力して”トップページ『最新投稿ダイジェスト』設定更新”をクリックすると設定が確定します。

① 最新投稿ダイジェスト定位置表示:ここにチェックを入れると最新投稿ダイジェストが定位置に表示されます。

② 最新投稿ダイジェスト定位置表示の位置(無料版はトップページフリーエリアの下に固定です)

③ コンテンツ先頭余白(マージン)

top_latest5

最新投稿ダイジェストの①詳細設定と②記事のデザイン設定は以下のリンク先をご覧ください。

詳細設定 → ダイジェスト記事設定

記事のデザイン設定 → ダイジェスト記事デザイン設定

最新投稿ダイジェスト(ショートコード)

top_latest3
top_latest4

最新投稿ダイジェスト(ショートコード)の設定です。この機能は定位置表示が無効の時に有効になります。

ショートコードをトップページフリーエリアなどに貼り付けると最新投稿ダイジェストが表示されます。

デザイン等の設定は定位置表示のものを採用します。

各種投稿ダイジェスト

各種投稿ダイジェスト

top_posts1
top_posts2

各種投稿ダイジェストの設定です。項目を入力して”トップページ『各種投稿ダイジェスト』設定更新”をクリックすると設定が確定します。

① 各種投稿ダイジェスト定位置一括表示:ここにチェックを入れると定位置に各種投稿ダイジェスト一括表示されます。

② 各種投稿ダイジェスト定位置一括表示の位置

③ コンテンツ先頭余白(マージン)

top_posts3

各種投稿ダイジェストの①詳細設定と②記事のデザイン設定は以下のリンク先をご覧ください。

詳細設定 → ダイジェスト記事設定

記事のデザイン設定 → ダイジェスト記事デザイン設定

各種投稿ダイジェスト(ショートコード)

top_posts4
top_posts5

各種投稿ダイジェスト(ショートコード)の設定です。この機能は定位置一括表示が無効の時に有効になります。

ショートコードをトップページフリーエリアなどに貼り付けると各種投稿ダイジェストがカテゴリー単体で表示されます。

デザイン等の設定は定位置一括表示のものを採用します。

ウィジェット

トップページウィジェット

top_widget1
top_widget2

トップページウィジェットの設定です。項目を入力して”トップページ『ウィジェット』設定更新”をクリックすると設定が確定します。

① ウィジェット:チェックを入れるとウィジェットエリアの機能が有効になります。

② タイトルの要素名設定

③ ウィジェットの位置(無料版はトップページフリーエリアの下に固定です)

④ センタリング ※ センタリングできないウィジェットもあります。

SEO・SMO

トップページSEO設定

top_seosmo1

トップページSEO設定です。項目を入力して”トップページ『SEO・SMO』設定更新”をクリックすると設定が確定します。

① SEOキーワード ※ 共通キーワードの前に追加されます。

② SEOディスクリプション ※ 120文字以内で入力してください。設定が未入力の場合は共通ディスクリプションが採用されます。

③ トップページh1表記 ※ 設定しない場合はh1共通表記設定が採用されます。

④ トップページh1表記方法 ※h1共通追加記述の有無を選択できます。

⑤ カノニカルタグ設定 ※ 設定しない場合はWordPressに登録されているドメインが採用されます。

トップページSNSボタン

top_seosmo2

トップページSNSボタン設定です。項目を入力して”トップページ『SEO・SMO』設定更新”をクリックすると設定が確定します。

① トップページメインコンテンツのSNS表記個別設定

トップページOGP

top_seosmo3

トップページOGPの設定です。項目を入力して”トップページ『SEO・SMO』設定更新”をクリックすると設定が確定します。

① OGPタグ出力設定 ※ トップページのみに有効な設定です。

② OGPタイトルの設定

③ OGPサイト名の設定

④ OGPディスクリプションの設定

⑤ OGP画像の設定

トップページTwitter Cards

top_seosmo4

トップページTwitter Cardsの設定です。項目を入力して”トップページ『SEO・SMO』設定更新”をクリックすると設定が確定します。

① Twitter Cardsタグ出力設定 ※ トップページのみに有効な設定です。

② Twitter Cardsタイトルの設定

③ Twitter Cardsディスクリプションの設定

④ Twitter Cards画像の設定

その他

top_etc1

トップページSEO設定です。項目を入力して”トップページ『SEO・SMO』設定更新”をクリックすると設定が確定します。

① サイトマップ掲載 ※ トップページをサイトマップに載せるか削除するかの設定です。(通常は掲載します)

② インデックス・フォロー処理 ※ トップページを検索エンジンの対象にするかどうかの設定です。(通常は対象にします)

③ トップページコンテンツ間隔設定 ※ クラス”fixed-space”の値になります。

  • LINEで送る


ta_thm001_downloadta_designing