TAテーマ001バグ&対策情報

TAテーマ001バグ&対策情報

現在までに報告されている『TAテーマ001』のバグ情報と対策です。(2017年4月17日現在)

TAテーマ001 Version 2.08

まだ不具合の報告はありません。

TAテーマ001 Version 2.07
ヘッダーフリーエリアの画像幅調整

ヘッダーフリーエリアで使用される画像の自動サイズ調整が機能しない不具合があります。

対策はTAテーマ001・共通設定メニュー⇒『フリーCSS・JS』⇒『フリーCSS』に以下のCSS記述を追加してください。

#header_freearea img {
  max-width:100%;
  height:auto;
}

改善時期:次バージョン(Version 2.08:リリースは2017年4月の中旬を予定しています)のタイミング。

 

子テーマ化が容易になります

バグではありませんが改善予告です。

TAテーマ001はカスタマイズを前提に開発されていないため、子テーマ化するためにはかなりの(PHP記述を解析する)スキルが必要です。

しかし、カスタマイズの要求も増えて来ているため、Version2.08から親テーマの関数を変更して容易に子テーマ化できるようにします。

また、子テーマ用サンプルテンプレートの提供や子テーマの作り方の詳細説明をいたします。

Version2.08のリリースは2017年4月の中旬を予定していますのでしばらくお待ちください。

 

ブラウザ全幅表示有効時のアイキャッチ画像サイズ

ブラウザ全幅表示有効時(設定箇所の説明)の投稿記事と固定ページのアイキャッチ画像サイズが固定枠時のサイズ設定のままと言う不具合です。

ブラウザ全幅表示の特徴からするとアイキャッチ画像のサイズはメインフレームの幅に合わせて可変になるべきです。

対策はTAテーマ001・共通設定メニュー⇒『フリーCSS・JS』⇒『フリーCSS』に以下のCSS記述を追加してください。(サイズ可変にしたい場合)

#content .eyecatch-img img {
  max-width: A%!important;
}
#content .eyecatch-img-top img {
  max-width: B%!important;
  max-height: Cpx!important;
}

A は投稿記事の記事内部表示(記事の左上、記事の中央上、記事の右上)のアイキャッチ画像最大幅値(%)になります。100に設定するとメインフレームの幅いっぱいに表示されます。(オリジナル画像の最大幅以上にはなりません)

B は投稿記事と固定ページのタイトルの上表示(4:1の横長切り抜き画像)のアイキャッチ画像最大幅値(%)になります。100に設定するとメインフレームの幅いっぱいに表示されます。(オリジナル4:1の横長切り抜き画像の最大幅以上にはなりません)

C は投稿記事と固定ページのタイトルの上表示(4:1の横長切り抜き画像)のアイキャッチ画像最大高さ値(ピクセル)になります。例えば500(ピクセル)を設定すると高さが500ピクセル以上のサイズにはなりません。(オリジナル4:1の横長切り抜き画像の最大高さ以上にはなりません)
※ #content .eyecatch-img-top imgのmax-height設定は無くてもOKです。

改善時期:次バージョン(Version 2.08:リリースは2017年4月の中旬を予定しています)のタイミング。ブラウザ全幅表示有効時でもサイズ固定という選択も必要ですから、設定値の新設になると思います。

 

”ヘッダー画像の挿入ページ”の注釈の誤記

TAテーマ001・ヘッダー設定メニュー⇒『ヘッダー画像』⇒『ヘッダー画像の挿入ページ』(設定箇所の説明)の注釈に”※ 固定ページ、カテゴリー一覧、投稿記事は各々のヘッダー画像を設定できます。”とありますが、”個別のヘッダー画像が挿入できるのは各固定ページと各カテゴリー”が正解です。

注釈の表現ではカテゴリー一覧、投稿記事が個別のヘッダー画像を挿入できると誤解を生じる可能性があるため訂正いたします。

改善時期:次バージョン(Version 2.08:リリースは2017年4月の中旬を予定しています)のタイミング。

 

フッターメニュー”WP標準メニューへの関連付け”の注釈の誤記

TAテーマ001・フッター設定メニュー⇒『フッターコンテンツ』⇒『TAフッターメニュー』(設定箇所の説明)の注釈に”※ TAフッターメニュー(子孫展開無し)はWordPress標準のメニュー機能を使用しています。有効にするためには関連付けが必要です。関連付けの方法はこちらをご覧ください。”とありますが、”横型の子孫展開は表示されません”が正解です。縦型は子孫展開が可能です。

改善時期:次バージョン(Version 2.08:リリースは2017年4月の中旬を予定しています)のタイミング。

  • LINEで送る


ta_thm001_downloadta_designing