共通設定(基本設定)

『TAテーマ001: Version 2.07以降』の共通設定(基本設定)の説明です。

 

共通設定(基本設定)デモ表示

デモ表示はTAテーマ001のインストール直後でもサイトのイメージが分かるようにいくつかのコンテンツを自動的に表示させるモードです。

デモ表示の”表示する”のチェックを外して設定ページの下部にある”共通『基本設定』設定更新”をクリックすると表示が無効になります。

共通設定(基本設定)共通フレームタイプ

共通フレームタイプはTAテーマ001の共通のフレーム構造を選択します。

トップページをはじめ、各ページで個別に設定を替えなければここで選択されたフレーム構造が選択されます。フレーム構造を選んで設定ページの下部にある”共通『基本設定』設定更新”をクリックすると選択が確定します。

共通設定(基本設定)共通フレームタイプ確認

共通フレームタイプ確認は選択されているフレーム構造を具体的に確認できる機能です。

コンテンツが未入力でも色分けされた各フレーム構造がトップページで確認ができます。”確認モードにする”にチャックを入れて設定ページの下部にある”共通『基本設定』設定更新”をクリックすると確認モードに入ります。

下図は共通フレームタイプ確認の表示例です。フレーム構造やサイズなどを設定した後に再確認ができます。

common_frame4
common_frame5
common_frame6
common_frame7

共通設定(基本設定)フレームサイズ

実例

フレームサイズの設定画面です。項目を入力して設定ページの下部にある”共通『基本設定』設定更新”をクリックすると設定が確定します。

① ホームページフレームの幅:ホームページ全体の幅の設定です。通常は950~980ピクセル程度です。(最近は1000ピクセルを超えるサイトも多くなっています)※『ブラウザ全幅表示』の場合はホームページフレームの固定幅は無効になります。

② #WRAPの幅:スマートフォンの横表示やタブレット等のレスポンシブを使用しない場合の余白になります。通常は30~50ピクセル程度です。

③ サブサイドバーの幅:ホームページフレームの幅に対するパーセンテージで設定します。※『ブラウザ全幅表示』を使用しない場合は右側にピクセル数が表示されます。

④ サイドバーの幅:ホームページフレームの幅に対するパーセンテージで設定します。※『ブラウザ全幅表示』を使用しない場合は右側にピクセル数が表示されます。

⑤ メインコンテンツの左余白幅:ホームページフレームの幅に対するパーセンテージで設定します。※『ブラウザ全幅表示』を使用しない場合は右側にピクセル数が表示されます。

⑥ メインコンテンツの右余白幅:ホームページフレームの幅に対するパーセンテージで設定します。※『ブラウザ全幅表示』を使用しない場合は右側にピクセル数が表示されます。

※ 選択したフレームタイプに必要な箇所の幅の合計が100%を超えないように設定する必要があります。(無効箇所は薄色表示になります)

共通設定(基本設定)コンテンツフレーム位置

実例

common_frame11

コンテンツフレーム(メイン・サイドバー・サブサイドバー)とヘッダー部、フッター部との間隔の設定画面です。項目を入力して設定ページの下部にある”共通『基本設定』設定更新”をクリックすると設定が確定します。

① コンテンツフレームとヘッダー部コンテンツとの間隔:ヘッダー部の大きさなどで判断します。この間隔を狭くすると事務的、広くするとデザイン系の雰囲気が出ます。

② コンテンツフレームとフッター部コンテンツとの間隔 対象コンテンツフレーム:フッター部と対するコンテンツフレームの内訳を選択します。※ フッターがメイン枠にある場合はメイン枠内での上部コンテンツとの間隔となります。

③ コンテンツフレームとフッター部コンテンツとの間隔 間隔:ピクセル単位で設定します。

共通設定(基本設定)ブラウザ全幅表示

実例

ホームページフレームをブラウザ全幅に拡大する設定です。項目を入力して設定ページの下部にある”共通『基本設定』設定更新”をクリックすると設定が確定します。

① ブラウザ全幅表示を有効にする:ここにチェックを入れるとサイドバーとサブサイドバーがそれぞれ通常のフレームの枠を超えてブラウザの端に移動します。

※ レスポンシブ時は標準の位置にもどります。

※ 各フレーム枠はブラウザ幅に従って変化しますので、投稿記事などで絶対幅を使用するコンテンツは可変幅を考慮する必要があります。

② アイキャッチ画像 ブラウザ幅に対する追従:ここにチェックを入れるとアイキャッチ画像サイズもブラウザ幅に従って変化します。(無効の時は固定幅表示の設定が採用されます)

③ コンテンツ内アイキャッチ画像 メイン幅に対する最大幅:コンテンツ内にあるアイキャッチ画像のメイン幅に対する最大幅を指定します。(設定値に関わらず選択された『アイキャッチ画像のサイズ』の幅で制限されます)

④ タイトルの上アイキャッチ画像 メイン幅に対する最大幅:タイトルの上にあるアイキャッチ画像のメイン幅に対する最大幅を指定します。(設定値に関わらずWordPress設定『メディア設定』の大サイズの幅で制限されます)

⑤ サイドバーのフレーム上端との間隔:ブラウザの上端からサイドバーの開始位置の設定です。

⑥ サイドバーの固定:ここにチェックを入れるとサイドバーはスクロールしないで固定となります。サイドバーを固定にするとブラウザに現れない位置にあるサイドバーコンテンツの閲覧はできなくなりますので配慮が必要です。

⑦ サブサイドバーのフレーム上端との間隔:ブラウザの上端からサブサイドバーの開始位置の設定です。

⑧ サブサイドバーの固定:ここにチェックを入れるとサブサイドバーはスクロールしないで固定となります。サブサイドバーを固定にするとブラウザに現れない位置にあるサブサイドバーコンテンツの閲覧はできなくなりますので配慮が必要です。

⑨ この設定は、TAテーマ001・ヘッダー設定メニュー ⇒ 『基本設定』 ⇒ 『ヘッダーバナーエリアの位置』の設定と同じものです。関連性が高いためここでも設定可能にしています。

⑩ この設定は、TAテーマ001・ヘッダー設定メニュー ⇒ 『基本設定』 ⇒ 『グローバルメニューとヘッダー画像の位置』の設定と同じものです。関連性が高いためここでも設定可能にしています。

⑪ この設定は、TAテーマ001・フッター設定メニュー ⇒ 『基本設定』 ⇒ 『フッターの位置』の設定と同じものです。関連性が高いためここでも設定可能にしています。

⑫ この設定は、TAテーマ001・フッター設定メニュー ⇒ 『基本設定』 ⇒ 『ブラウザ全幅表示時の定位置フッター』の設定と同じものです。関連性が高いためここでも設定可能にしています。

  • LINEで送る


ta_thm001_downloadta_designing