Rフッター設定(基本設定)

『TAテーマ001: Version 2.07以降』の『レスポンシブデザイン』フッター設定(基本設定)の説明です。

 

ご覧になりたい項目をクリックしてください

フッター基本設定

フッター背景色・背景画像

Rフッター設定(基本設定)フッター基本設定

実例

レスポンシブデザイン有効時のフッター基本設定です。項目を入力して設定ページの下部にある”レスポンシブデザイン『フッター基本設定』設定更新”をクリックすると選択が確定します。

① フッターブロック1の表示 ※ 通常画面で表示されている場合に有効です。

② フッターブロック2の表示 ※ 通常画面で表示されている場合に有効です。

③ フッター画像の表示:チェックを入れるとレスポンシブデザイン時に表示をします。その際の画像幅は右欄④に設定します。※ 端末表示幅に対する比率です。通常画面で表示されている場合に有効です。

⑤~⑨ フッター画像代替テキストに関する設定 ※ 画像がある場合は無効

⑩ サブフッター画像の表示:チェックを入れるとレスポンシブデザイン時に表示をします。その際の画像幅は右欄⑪に設定します。※ 端末表示幅に対する比率です。通常画面で表示されている場合に有効です。

⑫ フッターフリーテキストの表示:チェックを入れるとレスポンシブデザイン時に表示をします。その際の枠幅は右欄⑬に設定します。※ 端末表示幅に対する比率です。通常画面で表示されている場合に有効です。

⑭ フッターメニューの表示:チェックを入れるとレスポンシブデザイン時に表示をします。その際の枠幅は右欄⑮に設定します。※ 端末表示幅に対する比率です。通常画面で表示されている場合に有効です。

⑯ フッターウィジェットの表示:チェックを入れるとレスポンシブデザイン時に表示をします。※ 通常画面で表示されている場合に有効です。

⑰ フッターコンテンツ間隔 ※ レスポンシブデザイン時のフッターコンテンツ内で使用されるクラス”fixed-space”の値になります。

⑱ フッターのレスポンシブデザイン共通フォントサイズ(フッター内の一般フォントに適応されます)

⑲ PC設定流用 or フッター専用:”フッター専用を使用する”にチェックを入れると⑳~㉔の設定が有効になります。

⑳~㉔ 専用パラグラフに関する設定です。

※ パラグラフとは<p> </p>で挟まれている箇所のことです。

㉕ コンテンツフレームとフッターとの間隔(コンテンツフレーム:メイン・サイドバー・サブサイドバー)

㉖ フッターブロック1上部余白(ピクセル)

㉗ フッターブロック2上部余白(ピクセル)

㉘ フッターウィジェットエリアのセンタリング(センタリングできないウィジェットもあります)

㉙ コピーライト上部余白

㉚ コピーライト下部余白

㉛ コピーライトの上下枠幅 (上下に同じ幅ののりしろが出来る)

Rフッター設定(基本設定)フッター背景色・背景画像

レスポンシブデザイン有効時のフッター背景色・背景画像に関する設定です。項目を入力して設定ページの下部にある”レスポンシブデザイン『フッター基本設定』設定更新”をクリックすると選択が確定します。

① 背景色

② 背景画像

③ 背景画像の場所と繰り返しルール

④ 背景画像の上下部端からの距離 ※ y方向の繰り返しが無い場合のみ有効です。また、グラデーション配色は背景画像として扱われるため画像と同様にシフトします。

  • LINEで送る


ta_thm001_downloadta_designing